ナチュラリープラス/パラミロンの改良版発売へ/サミット会議に600人が参加

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

約600人の会員が参加したサミット会議の様子

 ナチュラリープラス(本社東京都、名越隆昭社長)は1月16日、東京都内でサミット会議を開催、リニューアル製品の発表やソーシャルプロジェクトの関連企業によるスピーチなどが行われた。イベントには約600人の会員が参加した。
 ミドリムシ特有の成分であるパラミロンが食物繊維のような働きをすることに着目して開発した「スーパー・ユーグレナ パラミロンARX」をリニューアル。パラミロンをより効率的に摂取できるよう含有率を従来の45%から55%にグレードアップして発売する。3月末から4月初旬にかけて順次切り替えていく方針だという。
 「UNIVAソーシャルプロジェクト」に関して新方針も示した。現在、同プロジェクトで展開する「UNIVAでんき」「ユニマルシェ」「ユニヴァ共済」への申し込みはサービスごとに会員自身が手続きをしている。しかしフィールドからは、手続きが非常に煩雑だという指摘を受けていた。
 そこで同社は、手続きは本社が一括して受理し、各サービス提供企業に手続きを依頼するというスキームに変更する。
 イベントではUNIVAグループ会長兼グループCEOの稲葉秀二氏によるスピーチや、メーカーによる成分説明、ソーシャルプロジェクト関連企業によるスピーチを実施。またスピリット達成者への表彰式なども行われた。

あいさつする名越隆昭社長

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ