横浜エフエム放送/地域性ある商品展開/チケット販売で売り上げ拡大

 ラジオショッピングを手掛ける横浜エフエム放送(本社神奈川県、藤木幸夫社長)は、花火大会などのイベントや行楽地のチケットをラジオショッピングで販売し、売り上げを伸ばしている。神奈川内で使用できる地域性のあるチケットを取り扱っているのが特徴だ。17年3月期の通販売上高は3億5000万円だった。
 横浜市の中華街で使える食事券のほか、人間ドックのチケットなども販売。6月~8月、県内のリゾート施設「大磯ロングビーチ」の入場券を5枚セット(税込9980円)で販売し、約2000万円を売り上げた。
(続きは、「日本流通産業新聞」12月7日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ