NACK5プロジェクト/独自の商品選定で差別化/12時間で750万円の売り上げ

五十嵐正司常務

 ラジオショッピングを手掛けるNACK5プロジェクト(本社埼玉県、金子嘉之社長)は、独自の商品選定で同業他社との差別化を図っている。化粧筆やヘッドホンなどを販売。放送後、約12時間で750万円以上を売り上げた商品もある。17年3月期の通販売上高は約4億5000万円だった。
 3人のスタッフが商品選定を担当。意思決定が迅速に行える利点があるという。2011年、なでしこジャパンが国民栄誉賞の副賞として化粧筆を受賞した際、化粧筆5本セット(税込1万5750円)を急遽仕入れた、500セットを完売した。
(続きは、「日本流通産業新聞」12月7日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ