ベネッセコーポレーション/「進研ゼミ」来期値下げ/コース集約、高校は紙教材に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ベネッセHD・安達保社長

 ベネッセコーポレーション(本社岡山県、小林仁社長)は17年4月、「進研ゼミ」の受講料5~8%値下げする。小学講座と高校講座はコースを集約し、顧客のニーズに合わせて個別提案を行う。14年の個人情報漏えい事件により顧客離れが進んでおり、新たな価格帯とサービスに切り替えることで会員数を回復させたい考えだ。
 今年4月、紙とタブレットのハイブリッド型商品を売り出したが、ハイブリッド型商品を選択した会員は全体の約8%にとどまった。「高価格」「視力への悪影響」などの理由によりハイブリッド型商品を利用しない会員が多かった。
 来年度から提供価格を値下げする。小学講座の教材費を月額4984円とし、現行の5423円から8.1%値引きする。中学講座は4.7%下げて5600円、高校講座は7.6%下げて8307円とする。
(続きは、「日本流通産業新聞」11月3日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ