エコロ・インターナショナル/会員の囲い込みを強化/売上高30億円達成に向け

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 水素関連商品などを販売するエコロ・インターナショナル(本社栃木県、原村昌利社長)は、「売上高30億円の達成を目指す」(原村社長)とし、会員獲得のキャンペーンを強化している。具体的には、新規登録者への特典付与や、オートシップ登録特典の強化を図っている。
 新規登録者数を高める取り組みとして、新規会員登録の特典メニューを期間限定で用意した。新規会員に登録した人には同社の商品ラインアップの中で最も高価格帯の化粧品「マトリックスアスピリアルゴールド」(税込5万1840円)を進呈する。登録時の購入商品の金額は問わない。同商品は、抗糖化ペプチドやドルミンを配合したゲルクリームだ。
 同キャンペーンはこれまでも1000人限定のキャンペーンとして実施していた。「リクルートの際の新規登録の一押しに有効」などと継続を要望する声がフィールドから上がったことから、5月から6月までの2カ月間も「マトリックスアスピリアルゴールド」のプレゼントを続けることにした。

(続きは「日本流通産業新聞」5月19日号で)

原村昌利社長

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ