ハンドライフリミテッド/「アルガトリウム」食材にNB事業開始/20年に売上高100億円を目指す

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

1月15日には在日スペイン大使館でセレモニーを開催した

マグロから抽出される天然成分「アルガトリウム」を配合したサプリメントを主力にネットワークビジネス(NB)を展開する、ハンドライフリミテッド(本社東京都、濱本裕樹社長)が組織を急速に拡大させている。15年4月に営業を開始したった9カ月でスピードオープンした、16年1月17日にグランドオープンイベントを開催し約1300名の会員が参集した。台湾、マレーシアなど東南アジアに進出する計画で、20年にグローバル売上高100億円の達成を目指す。

ハンドライフリミテッドは、15年4月に設立。15年9月に日本でプレオープン、16年1月15日には、在日スペイン大使館でセレモニーを開催した。
 1月17日には、京都市勧業館「みやこめっせ」でグランドオープンイベントを開催し、約1300人が参集した。コンベンションには、スペインの健康食品メーカー「ブルディテクノロジー社」のガッソ社長が素材の研究結果を発表したという。
 グランドオープンでは、濱本裕樹社長が「お役立ち精神という理念のもと、新たな価値と感動を提供し、自律型人間による信頼と感謝にあふれた社会を創造していきたい」と意気込みを話した。
「アルガトリウムAREDS2処方」を独占販売

 主力商品に含まれる主成分「アルガトリウム」は、マグロから抽出したDHAを含み、「活性型DHA」とも呼ばれている。この素材は、ブルディテクノロジー社と、スペイン・バルセロナ大学のジョアン・カルロス・ドミンゴ博士と共同開発したもの。ドミンゴ博士は、細胞膜研究の第一人者として著名だという。
 「アルガトリウム」は、2008年にパリで開催された国際食品素材展示会で、スペイン政府特別医療用健康食品として認定。世界スポーツ医療学会スペインの最優秀賞を受賞したという。スペイン国内では、医薬品としてドラッグストアなどで販売されているという。13年には「アルガトリウムAREDS(エーレッズ)2処方」を発表。ハンドライフリミテッドが同処方におけるサプリメントの独占販売権を持っているという。
ビジネスツールも充実
 サポーター会員とユーザー会員の2種類を用意した。ユーザー会員はグランドオープン記念価格9640円(アルガトリウム・120粒)で購入できる。
 また、サポーター会員は「Aプラン」(360粒、8万5800円)、「Bプラン」として(840粒、22万1200円)。
 報酬プランは、バイナリーを採用。リクルートボーナスのほか、バイナリーボーナス、メガマッチボーナス、リピートボーナスなどを用意している。
 ビジネスツールも充実させている。会報誌「スペシャリスト」を発刊。著名人へのインタビューやアルガトリウムの説明、会員の声などを掲載している。
 また、会員専用のスマホアプリも用意し、説明会のスケジュールや会場予約機能を盛り込んだ。
 日本では、16年8月に全国主要都市でラリーを開催する予定。年内に月間2万個の販売、年商20億円を計画する。
 海外は、16年中旬に台湾とマレーシアで縁故募集を開始予定、月間3000個の販売を目指す。5年後の20年にはグローバル売上高100億円に設定し、組織拡大を狙っていく。

約1300人が参集したグランドオープンイベントの様子

「アルガトリウム」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ