ハナマルキ/高級即席みそ汁の通販を強化/新聞広告とECで展開

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

みそメーカーのハナマルキ(本社東京都、花岡俊夫社長)が、高級即席みそ汁の通販を強化している。1~3月は例年を上回る回数の新聞広告出稿を予定。1月には楽天市場にも初出店した。
 同社では例年、1~3月の間に、全国紙夕刊の全面広告を3~4回出稿していたが、今年は同期間の新聞広告出稿を計5回に増やす予定だ。さらに、1月12日には、楽天市場に、高級即席みそ汁のみを扱うショップをオープンした。同社では、「長い目で通販事業を強化していきたい」と話している。
 通販で取り扱っているのは、通販限定品の「にっぽんのお味噌汁」(1食135円)と、昨年末に発売した新商品「三角パックごちそう具材のおみそ汁」(同108円)の2品目。「三角パック」は店舗でも取り扱っているが、現在のところは通販中心の販売となっているという。
 同社の通販事業の中核を成しているのは、例年1~3月の新聞広告と年2回のDM。みそ汁需要の伸びる時期に新聞広告を出稿し、購入した顧客のリストを作成。お歳暮やお中元の時期に、リストを基にDMを発送し、贈答用の購入につなげている。自宅用も伸びているため、今後はテストマーケティングの場などとしても、活用法を探っていくという。
 「現在は新聞中心、EC事業はじっくり育てていく。SNSを使った塩こうじの認知にも注力したい」(マーケティング部兼広報宣伝室・平田伸行部長)と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ