Shopify Japan/3Dイメージを簡単作成/iPhoneカメラだけで(2023年10月5日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

3Dスキャナー機能の利用イメージ

 コマースプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」を日本で展開するShopify Japan(ショッピファイジャパン、本社東京都、太原真カントリー・マネージャー)は9月22日、iPhoneのカメラを使って手軽に3Dの商品イメージを作成できる機能の提供を開始した。特別なソフトウェアを導入したり、費用をかけたりせずに3Dイメージを作成できるようにした。
 3Dスキャナー機能では、専門的なスキルがない人でも20分以内に商品の実物同様の3Dイメージを作成できる。最新のOS「iOS 17」にアップグレードしたiPhone Pro 12以降の機種が必要だが、Shopifyユーザーであれば誰でも無料で利用できる。
 3Dイメージを活用することで、ECサイト上でも実際に商品を手に取ってみるようなショッピング体験を提供できるという。競合他社のECサイトとの差別化にも活用できる。商品理解が深まり、返品や商品に関する問い合わせを削減できる可能性もあると紹介している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ