ハローフレッシュ・ジャパン/ドイツのミールキットが上陸/「HelloFresh」サービス開始 (2022年4月21日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

あいさつするウォン・ジョンCEO

 ドイツ・ベルリン発のミールキットブランド「HelloFresh」の日本法人、ハローフレッシュ・ジャパン(本社東京都、ウォン・ジョンCEO)は4月19日、日本でのミールキットのECを開始した。HelloFreshグループの海外展開は日本が17カ国目、アジア市場へ初めて進出する。まずは本州で展開し、全国展開を目指す。
 「HelloFresh」は、料理手順を説明したレシピカードと新鮮な野菜、肉・魚などの食材が詰め合わせたミールキット。ウェブ注文すれば、毎週指定した曜日に自宅に届く。入会費や契約期間などがない柔軟なサブスクで、登録から配達頻度の変更やスキップ・解約などの手続きもオンライン上で簡単にできる。
 レシピは毎週10種類更新し、定番・ファミリー・低カロリーのプランごとにメニューが届く。好みのメニューをカスタマイズすることも可能だ。ミールキットが届いたら、6つのステップのレシピに従って、簡単に料理ができる。梱包にはリサイクル可能な素材を採用している。
 配送エリアは、北海道・九州・沖縄・離島を除く全国が対象。配送頻度を毎週、隔週、4週に1回から選択できる。価格は2人前3食分で税込5190円 (送料330円)、4人前3食分で税込9390円(送料330円)。
 4月19日に都内で開催した記者発表会で、日本法人のウォン・ジョンCEOは「アジア初、17カ国目となる日本におけるビジネスはグローバルの中で重要だ。グローバルカンパニーとして他国の教訓を生かしたサービスを展開したい。日本の皆さまに簡単、便利で新しい発見のあるミールキットを提供していきたい」と話した。
 プロダクト開発部長のアレクサンダー・ジョーンズ氏は「手軽に健康的な食材を提供できる。レストラン水準の味が体験でき、バラエティに富んだ食材を提供できるのが強み」と話した。

記者発表会の様子

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ