CloudNine〈一般社団法人ハラル・ジャパン協会の推奨マークを取得で品質を向上〉/ベジタリアンやヴィーガンにも訴求可能 (2022年1月13日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

一般社団法人ハラル・ジャパン協会の推奨マークを取得

 CloudNine(クラウドナイン、本社広島県、島本倖伸社長)が販売するNMNサプリメント「Refeelas(リフィーラス)」がこのほど、一般社団法人ハラル・ジャパン協会(事務局東京都)の推奨マークを取得した。
 同推奨マークを取得したことで、一次原料に動物由来原料と添加アルコールを使用していないことが証明され、より幅広い人への提案が可能になったという。関心が高まっているベジタリアンやヴィーガンの人にも訴求可能だ。
 「リフィーラス」は21年夏にも、国際的なアンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」認証を取得している。また、「リフィーラス」は世界でも大手の認証企業の一つである、インターテックの認証を受けたNMN原料を使用している。インターテックは英国を本拠地とする試験検査や認証を行う企業。世界中に1000以上の事務所と研究所を構え、各産業分野における検査や試験など公的機関により定められた規格の認証などを行っているという。
 島本社長は「継続的な品質管理を徹底している商品でなければ、認証を取得することはできない。リフィーラスが目指す真の価値、その一端が、一般社団法人ハラル・ジャパン協会の推奨マークやインフォームドチョイス認証により証明された。これからも、誰もが自信を持って提案できる商品を目指す」とコメントしている。


■【NMN配合のサプリメント「Refeelas」】 機能性も向上

 機能性・エイジングケア素材「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」と、腸内環境にアプローチする「大豆発酵物(乳酸菌生産物質)」を配合したサプリメント「Refeelas(リフィーラス)」。NMN3750mg+大豆発酵物(乳酸菌生産物質など)9000mg配合することで機能性を高めている。

NMNサプリメント「Refeelas(リフィーラス)」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ