ダスキン/ロボットクリーナーを刷新/東日本の1都1道15県でレンタル開始

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「ロボットクリーナーSiRo(シロ)」

 ダスキンは10月4日、クリーンサービス事業で展開する「ロボットクリーナーSiRo(シロ)」をリニューアルした。さらにダストボックスの容量を増やした新機種を、東京など東日本の1都1道15県でレンタルサービスを開始した。
 運転音を従来品と比べて約11%抑えた。在宅時の運転も気にならないという。さらに静かに掃除をしたいときには「音ひかえめ」設定できる。
 新たに搭載したレーザーセンサーが家具との衝突を回避しながら、家具の際まで掃除する。超音波センサー、赤外線センサー、新搭載のレーザーセンサーの働きで、イスの脚など幅約2センチの家具も検知。本体裏面の5カ所のセンサーも従来通り搭載する。高さを検知して階段などからの落下を防止する。
 従来品と比べて、ダストボックス容量は約1.7倍の250ミリリットルに増え、ゴミ捨ても簡単にできる。電池寿命や対応面積も従来品より増え、さらに使いやすくした。
 リニューアルに伴い、レンタル1回あたりの料金が安くなる3年契約プランを新設。住環境やライフスタイルに合うか納得して契約できるように一定期間、試用できるプランも用意した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ