楽天/物流2拠点を新設/既存拠点は20年中に満床

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

習志野の新センターのイメージ

 楽天は8月1日、自社物流サービス「楽天スーパーロジスティクス(RSL)」において、千葉と神奈川に二つの物流拠点を新設すると発表した。RSLの既存拠点が順調に稼働率を上げると20年中には満床となる見込みのため、新拠点を開設することにした。
 野村不動産が千葉・習志野に開発する大型物流施設「Landport東習志野」の全フロア、ダイワコーポレーションが神奈川・大和で運営する大型物流施設「ニッセイロジスティクスセンター横浜町田」の一部フロアを貸借する。20年中に稼働する予定だ。
 習志野の新拠点は「Rakuten Fulfillment Center Narashino(楽天フルフィルメントセンター習志野)」として運営する。延べ床面積は約7万4000平方メートルになる。
 大和の新拠点は「Rakuten Fulfillment Center Chuorinkan(楽天フルフィルメントセンター中央林間)」として運営する。延べ床面積は約9万5000平方メートル。

大和の新センターのイメージ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ