オーマイグラス/リアル店舗を開設/EC同様のサービスを店頭でも提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

初のリアル店舗で取材に応じる清川社長

 眼鏡ECのオーマイグラス(本社東京都、清川忠康社長)は11月5日、都内・渋谷に初のリアル店舗を開設した。全国1000店舗の眼鏡店と提携し、ECユーザーのアフターフォローを実施していたが、自社店舗の開設によりさらなるサービス向上を図る。ECで提供している独自のサービスを自社店舗でも提供することにより、ECサイトの利用促進にもつなげたい考えだ。
 リアル店舗「Oh MyGlasses(オーマイグラス)渋谷ロフト店」を「渋谷ロフト」内に開設した。渋谷の客層に合わせて選別した約300品目を常時陳列する。他の眼鏡店と同様、来店客は、店頭で試着や視力測定を行い、自分に合った眼鏡を購入できる。
 販売したメガネは送料無料で購入者の自宅に配送する。「眼鏡はすぐに使えないと困るものではない。自宅に配送することでレンズ加工の待ち時間などのストレスなくお買い物を楽しんでもらえる」(清川社長)と話す。同社にとってもレンズ加工スペースを省くことで店舗を広く使うことができ、人件費の抑制にもつながるという。
 店頭にはタブレット端末を設置。2万品目以上の商品の中から好みの商品を、スタッフのアドバイスを受けながら同社のECサイトで購入することもできる。ECサイトで提供している、最大5本の眼鏡を自宅に持ち帰り、試着できるサービスは店舗でも提供する。EC同様のサービスを来店客に体験してもらうことにより、ECサイトの魅力を訴求する狙いもある。

(続きは本紙11月20日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ