【EC支援サービスマップシリーズ 「転換率向上」特集】

 EC事業者の売り上げ拡大を支援するサービスの中でも、「転換率向上サービス」の注目度が高まっている。レコメンドエンジンやLPO(ランディングページ最適化)、EFO(エントリーフォーム最適化)が定番化し、ユーザーの行動に合わせてサイト上にコンテンツを表示できる「ウェブ接客サービス」が普及の兆しを見せている。サービス同士の連携も進み、転換率を効果的に高める施策は多様化している。ECのウェブメディア「eccLab」と共同で、EC事業者が活用できる主要な転換率向上サービスをまとめた。


 転換率向上のための代表的なサービスとしては、ユーザーの商品閲覧履歴などからお薦め商品を表示できる「レコメンドエンジン」が挙げられる。アマゾンをはじめとした大手ECサイトが採用していたことで一気に普及した。
 ECサイト内に高度な検索機能を導入できる「サイト内検索システム」や、ユーザーの流入経路などに応じてランディングページを最適化できる「LPOツール」、購入時の情報入力をサポートする「EFOツール」などを導入するECサイトも増えている。
 注目度が高まっている「ウェブ接客サービス」の中には、サイト上で顧客とチャットでコミュニケーションを図れるシステムや、サイト内での行動パターンに応じてクーポン情報やキャンペーン情報などを自動的に表示できるシステムなどがある。
 人工知能(Ai)を搭載したウェブ接客サービスも登場している。
 ウェブ接客サービスは今後も進化がとまらないだろう。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ