【注目サービス】 <シャープ> 太陽光と家電が連携「ソーラー家電連携」の提供開始(2023年11月02日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

電気代を抑制する「ソーラー家電連携」

 シャープは10月24日、太陽光発電による電気を家電の運転に有効活用して、電気代を抑制する新サービス「ソーラー家電連携」の提供を開始した。
 家電の運転を、発電が余る時間帯にシフトさせて、発電が少ない時間帯などは省エネ運転にする。家電の電気代の抑制に貢献するという。サービスの第1弾として、今年11月に同社が発売する予定のエアコンから利用できる。
 ソーラー家電連携は、同社が提供しているクラウド型のHEMSサービス「COCOROENERGY」を活用する。HEMSは、エネルギーを管理・制御するシステムで、独自のAI(人工知能)が家庭の発電量と消費電力量を予測する。
 快適性を維持しながらエアコンの省エネ運転を実現する。昼間に発電した電気が余る場合は、快適な温度範囲内で通常よりわずかに、強めに運転するなど電気の有効活用が可能となる。
 夜間など発電が不足する時間帯は、省エネ運転をもとに消費電力を抑える。こうした調整によって、同社の独自条件による試算においては、エアコンの電気代を冷房運転時で約25%、暖房運転時で約20%の抑制につながる効果が得られたという。
 今後、ソーラー家電連携に対応する家電を拡大していく予定。他にも、他社製のインターネット接続に対応する家電や、既に設置されている家電への対応も検討していくとした。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ