ペイパル・ホールディングス/後払いのペイディ買収/国内決済で存在感高める

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ペイパル・ホールディングス(HD)は9月7日、後払い決済サービスを手掛けるペイディ(本社東京都)を買収すると発表した。買収額は3000億円を見込んでいる。ペイディのアカウント数は600万超。世界第3位のEC市場である日本での越境EC事業に加え、今回の買収により国内決済市場で存在感を高めていく考え。
 買収は21年10―12月期(第4四半期)に完了する予定。ペイディ創業者のラッセル・カマー会長と、杉江陸社長兼CEOは買収後も会社に残る。「ペイパルのファミリーに加わることで、ECを超えた『新しい買い物のスタンダード』となるための取り組みをさらに加速していく」(杉江社長兼CEO)と発表している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ