青汁マイスター協会/初のオンライン開催/「資格認定試験・講座」募集を開始

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 青汁の普及に向けた啓蒙活動などを行う一般社団法人青汁マイスター協会(所在地東京都)はこのほど、10月9日開催の「第17回 青汁マイスター資格認定試験・講座」の受講・受験者の募集を開始した。今回は初めてオンラインで開催する。青汁マイスターは、日本初の”青汁のスペシャリスト”資格。12年の発足以来、回を追うごとに希望者からの応募や問い合わせが増えており、すでに700人を超えるマイスターが誕生している。
 「青汁マイスター」とは、青汁を通じて、野菜の大切さを学び、健康への意識を高め、その重要性を広く世に語ることができる”青汁のスペシャリスト”だという。講座では、青汁の研究・開発に長年携ってきた講師が、青汁に関するさまざまな知識をレクチャーする。
 内容は、野菜の重要性から、青汁の歴史、青汁原料の種類、青汁の効能まで多岐にわたる。青汁を使ったレシピなども紹介する。
 これまでの講座では、数種類の青汁のテイスティングも行い、受講者から大変好評だったという。
 Zoomを使って行う今回の講座では、受講者に数種類の青汁サンプルを事前に送付し、テイスティングを行ってもらうという。
 講座終了後には、認定試験をパソコン上で実施する。合格者には後日、「青汁マイスター」の資格が付与される。
 受講・受験には、「パソコン」と「Zoomのカメラ機能を使用できる機器」の用意が必須となる。「カメラ付きパソコン」であれば、パソコンのみの準備で問題ないという。申し込みは公式HPから受け付けている。
 午前の部と午後の部があり、いずれも定員は50人。詳細は以下の通り。
 
▽日時 10月9日 午前10時~12時20分(午前の部、午前9時30分受付開始)、午後2時~4時20分(午後の部、午後1時30分受付開始)
 ▽場所 オンライン(Zoom)
 ▽受講料 6000円(税込) 
 ▽問い合わせ先 (電)03―6222―8377

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ