新生ホームサービス 21年3月期/売上高10%減に/営業自粛が影響

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 住宅リフォームを訪問販売する新生ホームサービス(本社兵庫県、赤樫武尚社長)の21年3月期における売上高が、前期比10.4%減の114億2000万円となった。コロナ禍で一定期間、営業を自粛したことが減収要因。
 新型コロナウイルスの感染防止対応として、20年4月27日から5月13日まで、38拠点ある全支店の使用を一時休止した。三密に該当しない営業活動の徹底と、ゴールデンウイーク期間である5月2日~6日の5日間を営業自粛するなどの、対策を講じた。
 感染対策を講じながら営業営業活動に取り組んできたものの、売り上げを巻き返すまでには至らなかった。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ