【海外NBニュース】 ハーバライフ/CBD市場に参入へ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「エンリチュアル」シリーズ

 ハーバライフ(本社米国カリフォルニア州、ジョン・O・アグウノビCEO)は11月5日、大麻草由来の成分カンナビジオール(CBD)の新製品「Enrichual(エンリチュアル)」シリーズを投入すると発表した。2023年に米国で約1兆2400億円にまで成長すると予測される市場のシェア拡大を図っていく。
 「エンリチュアル」シリーズはバームとスキンケアの2種類で、リラックス効果が期待されている。2製品とも、違法成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)のみを除去した原料を使用している。同社は、「CBD市場は当社にとって新しいフィールドとなる。『エンリチュアル』シリーズが、会員のセルフケアの意識を変えていくことが楽しみだ」とコメントしている。
 バームには、1000ミリグラムのCBDを配合し、ラベンダーなどのエッセンシャルオイルを含有して、麻の種やシアバターのオイルをベースにしている。スキンケアは、250ミリグラムのCBDを配合し、ビタミンCやビタミンEを含有し、スクアレンや麻の種から抽出するオイルをベースとしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ