スクロール/鶴見社長に代表権/堀田会長と2人制

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

鶴見知久氏

 スクロールは3月13日開催の取締役会で人事異動を決議し、鶴見知久社長が4月1日付で、代表権のある社長となる。堀田守会長との代表2人制により、機動的な経営判断および業務執行のスピード化を図る。
    ◇
 鶴見 知久(つるみ・ともひさ)氏
 1989年3月、京都外国語大卒後、ムトウ(現スクロール)入社。12年4月執行役員ダイレクト事業本部通販インナー統括部長兼インターネットマーケティング部長、13年4月取締役執行役員ダイレクト事業本部通販H&B統括副部長、15年5月取締役社長執行役員ダイレクト事業本部通販H&B統括部長、18年4月取締役社長執行役員ダイレクト事業本部長兼東京本店長、19年4月取締役社長執行役員健粧品PRS兼ダイレクト事業本部長兼東京本店長(現任)。1966年5月、静岡県出身。53歳。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ