トリムメディカルホールディングス/電解水素水を使った和食店/将来の日本トリムの病院事業の商品開発も

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「結つむぎ」の外観

 日本トリムは、電解水素水を利用した料理を提供するレストラン運営事業に出資する。日本トリムのグループ会社で、中国の病院の運営事業などを行うトリムメディカルホールディングス(HD)を通じての出資となる。トリムメディカルHDが出資したメディカルフードケアジャパンがプロデュースする和食料理店が、8月6日に東京・新橋でオープンした。
 和食料理店「Japanese Cuisine(キュイジーヌ) 結つむぎ」は、低糖質和食とワインが楽しめるのがコンセプト。糖質を制限した食事を提供することにより、生活習慣病を気にするユーザーを集客するという。「結つむぎ」の料理に使用される野菜はすべてが電解水素水栽培だという。調理にもすべて電解水素水が使用されているとしている。
 将来的には、日本トリムの顧客説明会や、運営する病院で、同店が開発した弁当を提供していくことも計画しているという。「説明会などで、独自開発した『水素水で作った低糖質健康弁当』などを提供できたらいい」(日本トリム経営企画部)としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ