《Eコマース業界地図「転換率向上編」特集》エモーションインテリジェンス「ZenClerk」/設定・運用を丸投げ/AIで自動的に最適化

 エモーションインテリジェンス(本社東京都、太田麻未社長、(電)03―6712―2360)が提供する「ZenClerk(ゼンクラーク)」は、ユーザーにクーポンを配信することで購入を後押しできる。設定から運用、バナー制作まで丸投げできる点が好評だ。人工知能(AI)が顧客の行動を自動学習し、最適なタイミングでクーポン配信することも可能だ。
 「ゼンクラーク」はマウスの動きなどから、ユーザーが購入を検討しているかどうかの感情を分析している。購入をためらうユーザーにクーポンを配信し、購入を促す仕組みだ。ディノス・セシールやジュピターショップチャンネルなど大手企業の導入実績も豊富。月間600億円のコンバージョンを支援している。
 配信対象は、クーポンがあれば購入につながると判断したユーザーに限定する。料金体系は完全成果報酬型で、クーポンを出したユーザーと出していないユーザーの購入金額の差額分の一部を手数料として徴収する。
 中小規模のECサイト向けに「ゼンクラークライト」を提供している。同社で蓄積したデータをもとに注文件数の少ないECサイトでも利用できるようにした。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ