東急百貨店/「eBay」に出店/国内百貨店初、越境ECで収益確保

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「eBay」内の東急百貨店の店舗

 東急百貨店は11月1日、イーベイ・ジャパンを通じて、世界最大規模のECモール「eBay(イーベイ)」に出店した。国内の百貨店では初めての出店となる。コロナ禍でインバウンド需要が減少する中、越境ECを開始し、収益の確保を図る。
 東急百貨店では以前から越境ECを検討していたという。コロナ禍でインバウンド需要が減少する中、北米を中心に欧州からオーストラリア、中国などのアジア地域まで、世界190カ国に展開している「eBay」に出店することで海外顧客への販売を促進する。
 越境ECを通して海外顧客への認知度を向上し、新型コロナウィルス収束後のインバウンド需要の取り込みも狙う。
 「eBay」は東急百貨店のEC販売システムを生かして、越境EC展開を開始できた。百貨店の目利き力、編集力を生かし、切り子ガラスや箸などの伝統工芸品をはじめ、海外で人気が高まっている子ども用かぶとや念珠、線香など約150点を出品した。
 今後はさらに、今治タオルや和食器などのインテリア用品を中心に、カテゴリーや取り扱い点数を拡充し、質の高い商品の販売を通して日本文化の発信を目指す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ