スリーピース/20年3月期は37億円に/無料の福利厚生が好評

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

糟谷耕一社長

 サプリメント「フコイダンDX」単品でネットワークビジネス(NB)を展開するスリーピース(本社宮城県、糟谷耕一社長)の20年3月期における売上高は、前期比8%増の37億円となり、13期連続増収を達成した。「フコイダンDX」のみで展開を続けており、現在の月間販売個数は約3万個に達している。
 会員が無料で利用できる「福利厚生サービス」を充実させた。特に、所有するタワーマンションの部屋に会員が無料で宿泊できる「リゾート」が好評。国内では、新たに名古屋と仙台にリゾートをオープンしたほか、タイやマレーシア、キューバなど、海外にもリゾートを開設。21年4月にはインドネシア・バリ島でオープンする計画だ。
 保険や相続について無料で相談できる「フィナンシャルコンサルタントサービス」や、「英会話サービス」などをスタートさせており、無料サービスは計15種類に増えた。糟谷社長は「会員には、正社員並みの福利厚生を提供することを目指しており、無料サービスは社名にちなんで32種類まで増やしたい」と意気込んでいる。
 21年3月期は、リゾートを非会員に貸し出す「民泊」や同社のサービスを一般に開放する「スリーピースワールド」構想を具現化する。外出自粛の影響で軒並み中止していた「無料食事会」も7月6日から段階的に再開した。
 Zoomなどのオンラインツールを積極活用する一方で、対面によるオフラインの組み合わせで、相乗効果を図る。売上高は前期比35.1%増の50億円を見込んでいる。

サプリメント「フコイダンDX」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ