セミナー講座一覧

~既存客の求心力を高める情報発信~
会報誌・メルマガで売上拡大を仕掛ける!

集客 通販 商品開発
7-C-3 2022/06/07 13:50-15:00 2,000円(税込)空席有

●なぜいま会報誌・メルマガが重要か?
新規獲得が難しい現在、売上確保は既存客のLTV拡大しかない。一度接点のあった顧客一人一人に丁寧に情報提供して、ファン化を進めること。そのためにはお客さまの役に立つ、価値ある情報を発信し続ける会報誌・メルマガにしたい。コンセプトを明確にして、発信する情報内容を精査し、期待され&読まれる情報を届けることが重要だ。会報誌・メルマガはブランディングの主要ツールだからだ。
●会報誌・メルマガで売上拡大する方法
まずは徹底調査でお客さまの実像を知る。定量&定性調査と売上内容分析で、お客さまの買い物行動と不満、悩み&困りごとを深堀し、「役立つコンテンツ」を用意する。商品の使い方やお手入れのアドバイス、暮らしのヒントや関心の高い健康情報などなど。また、さまざまな方法でお客さまたちに「参加してもらうこと」も重要。会報誌・メルマガはお客さまとの対話の手段である。ブランドとのふれあいの場にすると親近感は一気に縮まる。これらのコンテンツを様々な構成で、様々なヴィジュアルとともに、いつでも新鮮に見せることが必要。ただしマンネリは飽きられる。
●会報誌・メルマガが組織を強化する
会報誌・メルマガを強化するためには、データの蓄積と調査が不可欠。それは社内の各部署に良い影響をもたらす。価値ある会報誌・メルマガを発信し始めると、商品開発、販売促進、ブランディングなどすべてが顧客目線で動き出す。


講師情報

  • 株式会社フォー・レディー
  • 鯉渕登志子 氏
  • 代表取締役

【プロフィール】
1982年株式会社フォー・レディーを設立。以来大手化粧品メーカーの系列店業態開発およびMD開発、大手百貨店のコンセプトプランニングと販促ツールの企画制作、大手総合通販、大手化粧品通販、サロン販売、NB販売など様々な業態のMD企画、販促物制作など100社余を手がける。一貫して「女性ターゲットもの」に徹して、「消費者目線を忘れない」「自分が使って納得するものを売る」というポリシーで、コンセプト作りから具体的なクリエイティブ作業まで行っている。特に通販では「売れるクリエイティブとブランディング」をあわせて表現できる手腕は評価が高い。引き受けた得意先の売り上げを次々と大きく拡大させていることはよく知られている。日本通信販売協会など講演実績多数。「日本流通産業新聞」「週刊粧業」にてコラム執筆。

公式サイト
株式会社フォー・レディー
電話番号
03-3545-0461
メールアドレス
info@forlady.co.jp



>> セミナー検索はこちら

Page Topへ