RIZAPグループ/ぱどを子会社化/無料誌での販促進本格化

メディアミックスを積極展開

 RIZAPグループ(ライザップ)は2月13日、フリーペーパー発行大手のぱどを子会社化すると発表した。ぱどが実施する第三者割当増資を引き受け、株式の71.11%を取得する。1000万部以上を発行するぱどの媒体を通したプロモーションを本格化。テレビCMとのメディアミックスなども積極展開し、既存事業の売り上げ拡大につなげたい考えだ。
 ライザップとぱどは資本業務提携を締結し、ぱどが第三者割当増資で発行する1351万3515株を引き受ける。株式の取得価額は10億110円となり、3月31日を払込期日としている。ぱどが3月30日に実施する臨時株主総会で承認されることが条件となる。
 ライザップは出版社の日本文芸社や印刷会社の北斗印刷を買収し、メディア事業グループを形成。ぱどを買収することにより、同グループの機能を強化し、ライザップの既存事業の活性化につなげる。
(続きは、「日本流通産業新聞」2月16日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ