【全国ネットショップグランプリ】〈第7回 全国ネットショップグランプリ開催〉 優れたサイトを表彰/EC事業者8社を選出

表彰式で登壇した受賞者と審査員

 一般社団法人イーコマース事業協会(事務局大阪府、黒田英樹会長)は4月11日、全国の優れたネットショップを表彰する「第7回全国ネットショップグランプリ」(旧エビス大賞)の表彰式を大阪市内で開催した。自薦、他薦を含むEC事業者203社が応募。8社の受賞者を選出した。

 表彰式にはEC事業者など約150人が参加した。大賞は味源(本社香川県、西山泰和社長)が運営する食品のECサイト「美味しさは元気の源自然の館」を選定した。テレビなどメディアで注目が集まった話題性と、商品を厳選した姿勢が伝わるサイト構成を評価した。
 大賞を受賞した味源は「審査で評価を受けたポイントを今後もECで追求したい」(EC事業部・和田暖子氏)と抱負を述べた。
 大賞のほか、デザイン性などを評価する個別賞には5社を選出。本紙やEC事業者団体など協力事業者による特別賞も2社に授与した。
 本紙審査による「日本ネット経済新聞賞」には、花ひろばオンライン(本社三重県、高井尽社長)が運営する苗木類のECサイト「花ひろばオンライン」を選出した。苗木の育て方といった情報の豊富さと、閲覧しやすいサイト構成を両立した点を評価した。(12面に関連記事)
 イーコマース事業協会の岡本泰輔理事長は受賞したネットショップについて、「デザインの美しさにとどまらず、サイト運営企業の思いが閲覧者に伝わるこだわりも評価した」とコメントした。
■掲載企画
・味源
・大都
・フランツ
・ヒカリスポーツ
・ルカコ
・ギフトパーク
・ガッツ
(続きは日本ネット経済新聞5月14日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ