【16年度 無店舗販売企業 売上高ベスト50】〈実質成長率〉通販5.1%、訪販0.8%/通販・訪販とも2期連続増収に

 日本流通産業新聞はこのほど、無店舗販売企業の2016年度(16年4月~17年3月の間に迎えた決算期)の売上高調査を実施した。上位50社の合計売上高は4兆4987億100万円で、前年同期間調査と比べ3.9%の増加となった。金額ベースでは、1702億6000万円の増加だった。実質成長率は通販が5.1%増、訪販が0.8%増で通販・訪販とも2期連続で増収となった。

■2桁増収は8社
 無店舗販売企業上位50社の合計売上高は、2期連続で増加した。14年度は消費増税の影響で微減となったが、その後は成長を継続している。
 上位50社のうち、2桁増収となった企業は8社あった。そのうち3社はBtoB通販企業、2社はアパレル通販企業だった。
 BtoB通販企業は強みである品ぞろえの豊富さや配送スピードを生かし、ネット経由の利用を促進。スマホなどから手軽に注文できるサービスを提供することで顧客数や顧客単価を増やしている。
 アパレル通販企業はオムニチャネル戦略の一環でネット通販の在庫を拡充している。ネットでの情報発信を高め、利用を促進している。

■商品施策で増収
 増収企業の中には、商品施策に成功した企業が目立った。訪販企業のポーラは高級化粧品シリーズ「B・A(ビーエー)」の販売が好調だった。積極的な新製品発売が奏功した。
 ネットワークビジネス(NB)大手のフォーデイズは、主力製品の核酸ドリンク「ナチュラルDNコラーゲン」や新製品の売り上げが好調で、17期連続増収となっている。
 家電ECのMOAは、ジェネリック家電を主体とした自社ブランド「max zen(マクスゼン)」の販売が好調だった。機能と価格のバランスを徹底的に追求したことで消費者の指示を集めた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ