ネットプロテクションズ/新決済「アトネ」開始/スマホだけで簡易決済が可能に

記者会見する柴田社長

 後払い決済「NP後払い」を提供するネットプロテクションズ(本社東京都、柴田紳社長、(電)03—5159—7892)は6月21日、簡易な会員登録だけで利用できるカードレス決済サービス「atone(アトネ)」の提供を開始した。まずはEC事業者に提案し、18年度以降にリアル(店舗)市場への参入を進める。3年後に年間取扱高1000億円、会員数1000万人を目指す。
 「アトネ」は、クレジットカードがなくても、会員登録すれば決済が利用できるのが特徴。携帯電話番号とパスワードの入力だけで買い物ができる。スマートフォンを利用したネットショッピングではクレジットカードがなくても、10万円までの決済が可能だ。
 会員登録や利用にかかる費用は毎月の請求書代金90円のみ。さらに「アトネ」を利用して買い物をするとポイントが貯まり、ポイントは代金の割引に利用することができる。
 EC企業など加盟店の導入費用は無料。決済手数料は1.9%+30円〜が必要だ。
 サービス開始当初はコンビニでの支払いのみだが、17年度には口座振替を導入する。さらに、「ebisumart」や、ECサイト構築システム「EC—CUBE」などのプラットフォームとの標準連携も進める。
 今後の計画として、ネットプロテクションズでは、「NP後払い」で蓄積した2万3000店舗以上の加盟店データと1億人以上のユーザー基盤を生かした事業展開を計画。さらにポイントプログラム「フフルルポイント」が持つ130万人以上の会員基盤の有効活用も見込む。
 同日に都内で記者発表した柴田紳社長は「試験的にEC企業200社ほどで導入しており、今後は家具ECのベガコーポレーションなどへの導入も決まっている。年内にはEC事業者に一斉に提案をしていく方針」と話した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ