ニュースキンジャパン/16年度寄付金は1億円に/FFG基金の支援内訳を公表

 ニュースキンジャパン(本社東京都、小林和則社長)は、2016年度における「ニュースキンジャパンForce for Good(フォース・フォー・グッド)基金」=以下FFG基金=の活動状況を報告した。
 16年1~12月の間にFFG基金へ寄せられた寄付金は1億60万7267円。基金設立からの累計寄付金額は7億円を超えたという。16年度は新たな取り組みとして、全製品の売り上げ利益の1%を子どもたちへのサポートに役立てる「One for Smiles(ワン・フォー・スマイル)」を開始した。
 16年度の寄付金1億円余りの支援内訳で最多だったのは「児童養護施設やひとり親世帯へ」が3012万4632円で全体の30%を占めた。「マラウイ共和国へ農業教育」もほぼ同額の3022万7500円を支援している。
 一般社団法人The Global Leadership Impact Fund Japan(事務局東京都)とメインスポンサー契約を結び、フランクリン・コヴィー社によって提供される「7つの習慣」をベースに作られた学校全体で取り組むプログラム「リーダー・イン・ミー」の支援には、全体の15%にあたる1525万4545円を充てた。このプログラムには現在、茨城県猿島郡境町の全小学校5校が3年間プログラムを実施しているという。
 被災地への支援も継続している。「東日本大震災被災地へ」1411万6762円を、「熊本地震被災地へ」は968万3828円を支援している。北海道にある「霧多布ナショナルトラスト」には120万円を支援したという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ