サントリーウエルネス/通販番組に反社勢力/不十分な事前確認が原因

健康食品や化粧品の通販を行うサントリーウエルネス(本社東京都、川崎益巧社長)は3月7日、公式ホームページ上で、過去に放送した同社の通販番組内に反社会的勢力と見なされる人物が登場していたことが判明したと発表した。
 反社会的勢力とされる人物は通販番組内の「お客さまの声を紹介するコーナー」内に出演していた。同社は番組を見た人から連絡を受け、警察に照会し反社会的勢力の関係者であることを確認したという。
 ホームページ上では「従来より反社会的勢力との関係断絶に取り組んでまいりましたが、このような事態を生じたことは決してあってはならないことと深刻に受け止めており、心よりお詫び申し上げます」などと説明。続けて「お客様にインタビューする際の事前確認が不十分であったことが原因ですが、今後、なお一層事前の確認を徹底し、再発防止に取り組んでまいります」としている。
 本紙取材に対してサントリーホールディングスの広報部は「ウェブ上で公表している内容と、一般紙ですでに報道されている内容以外についてはノーコメント」としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ