MonotaRO 〈無人店舗で実証実験〉/ネットとリアルの融合を探る

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 工具などの通販を手掛けるMonotaROは3月19日、無人店舗の実証実験を開始すると発表した。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)開発のオプティムと共同で店舗運営を行う。今回の実証実験を通し、ネットとリアルを融合した新しい販売方法の可能性を探る。
 4月2日、無人店舗「モノタロウAIストア powered by OPTiM(パワード・バイ・オプティム)」を佐賀大学のキャンパス内に開設する。工具や作業用品、研究用品など約2000点をそろえる。
 同社の会員のみが利用でき、専用アプリ「モノタロウ店舗」で入退店の手続きを行う。アプリのカメラ機能で商品を読み込み、決済を行う仕組み。
 今回の実証実験は、ネット通販における配送のリードタイムやコスト、リアル店舗における人件費高騰や長時間労働といった課題を解決するのが狙い。AI技術を駆使して集積したデータを解析し、効率的な運営が可能かどうかを見極める。

専用アプリでQRコードをかざして入店

商品を自由にカゴに入れ、アプリで決済する

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ