M3/来期、米国に進出/卸事業にも参入へ

 マイタケサプリを販売するM3(本社東京都、西山啓道社長)は10月21日、東京・品川で10周年記念コンベンション「BeFREE(ビーフリー)」を開催、アドバタイザー(会員)ら約500人が参集した。イベントでは、19年3月期中に、卸事業を開始することや、ネットワークビジネス(NB)事業の米国進出を予定していることなどを発表した。
 イベントであいさつに立った西山社長は「アドバタイザーの収入を倍増させたい。そのため、ニーズの高いユニークな製品を積極的に活用し、ビジネスへの誘導を図っていく」などと会員らに意気込みを語った。
 西山社長は19年3月期の事業展開についても言及した。(1)「高機能アルカリ電解水」を配合したスキンケアシリーズを投入する(2)新会社を立ち上げ卸事業に参入する(3)米国でNB事業を開始するーーーという三つの戦略をアナウンスし、会場は大いに盛り上がった。
 「高機能アルカリ電解水」配合化粧品シリーズについては、第1弾商品として歯磨き粉を発売する予定であることを明らかにした。
 卸事業については、「M3の商品を広く一般に流通させることによって、企業や商品の認知を高めたい。そうすればアドバタイザーがリクルート活動をしやすい環境を用意してあげられると思う」(同)などと語った。
 米国進出については、「18年9月に、まずはハワイから米国の市場に参入する予定。現地の有力なリーダーと話を進めている段階だ」(同)などと話した。
 そのほかイベントでは、12月1日にリニューアル発売するオールインワンジェル化粧品「M―Dream(エムドリーム)」の紹介や、表彰式を執り行った。

10周年記念コンベンション会場の模様

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ