【アンチエイジング 特集】 〈注目OEM企業〉ホシケミカルズ 「アンチエイジングに役立つ化粧品」のODM提案を強化 (2022年1月1日新年特大号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

薬用モイストヘルパーミルク(ヘパリン乳液)効果イメージ

 化粧品の受託製造などを手掛けるホシケミカルズ(本社東京都、星野拓社長、(電)03―3254―4491)は、「アンチエイジングに役立つ化粧品」のODM提案を強化している。”肌のアンチエイジング”に役立つ化粧品としては、ヘパリン類似物質を配合した、薬用ローションと薬用ミルクの2処方を提案する。両処方とも、医薬部外品としての効能効果に加えて、化粧品として「乾燥小じわ」表記が可能だ。”髪のアンチエイジング”にも貢献する化粧品としては、「アミノ酸リッチシャンプー」と「ボタニカルヘアオイル」の組み合わせを提案する。トリートメント不要の2ステップで、髪のエイジングケアを完了できる。”肌””髪”ともに、確かな効果と、心地よい使用感を両立しているのが特徴だ。


【(1)ヘパリン類似物質配合の薬用2処方】 保湿・肌荒れ予防に加え、「乾燥小じわ」表記可能

 ”肌のアンチエイジング”に役立つ処方として同社では、「薬用モイストローション」と「薬用モイストヘルパーミルク」を提案している。「薬用モイストローション」は、コクのある化粧水。「薬用モイストヘルパーミルク」は、伸びのよい乳液だ。どちらも医薬部外品の有効成分として、「ヘパリン類似物質」と「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しており、保湿・肌荒れ予防効果をうたうことができる。
 両処方とも、エビデンスを取得しており、化粧品として「乾燥による小じわを目立たなくする」旨の広告表記も可能となっている。
 21年初頭から、両薬用処方のODM提供の受注を開始した。
 肌の乾燥に悩む人は多く、その悩みはさまざま。”乾燥”にまつわる悩みに応える化粧品として、両処方は開発された。
 有効成分として配合している「ヘパリン類似物質」は、皮膚科医が、アトピー性皮膚炎や乾皮症の治療に長く処方してきた医療用保湿成分だ。
 保湿作用と、肌荒れを防ぎ、バリア機能を整える作用で、乾燥に負けにくい、みずみずしく健やかな柔肌へと導く。乾燥肌はもちろん、混合肌や、男性の肌向け商材にもお薦めの処方だとしている。
 ヘパリン類似物質を配合し、優しいテクスチャーに仕上げている。乾燥対策化粧品にありがちな、”重くてベタつく”使用感のアイテムではなく、両処方は、肌なじみの良い付け心地で、しっとり肌に潤いを与える。
 同社には、”官能のプロ”も在籍しており、医療用とは違った訴求が可能。
 同社では「化粧水や乳液は、毎日使用するもの。だからこそ、薬用化粧品だからこそ実現できる、『使い心地の良さ』や『肌なじみ』を追求している。お手入れを続けたくなるテクスチャー・使用感を目指して開発した処方だ」と話す。


【(2)2ステップヘアケア】トリートメント不要で、髪のアンチエイジング

 同社では?髪のアンチエイジング?にも貢献する処方として、「アミノ酸リッチシャンプー」と「ボタニカルヘアオイル」の組み合わせによる、「2ステップヘアケア」を提案している。トリートメント不要、2アイテムだけで、ツヤ髪に導くことができるという。
 コロナ禍で”おうち時間”に注目が集まる中、高品質・高価格帯のヘアケア商品が売れ行きを伸ばしている。同社が19年から提案を開始した「2ステップヘアケア」は、そうした市場を捉えるのにちょうどよい商品だとしている。両商品を組み合わせて使用することにより、若い人特有の「天使の輪」の再現を目指す。
 ツヤを出し、視覚的に、若々しさを演出するためには、髪表面のキューティクルを整えることがポイント。髪の「面」を整えることで、毛流れがそろい、まとまりやすくなり、パサつきが抑えられツヤもアップする。髪のからまりやもつれが少なくなるため、傷みも防げるようになり、好循環が生まれるとしている。それを叶えるのが、「2ステップヘアケア」だという。
 2品のみで、健康的で理想のツヤ髪へと導くホシケミカルズ独自考案の時短ヘアケアだ。「脱プラ」「水の使用量削減」「時短」という側面から、「サステイナブルなお手入れ方法」を訴求することもできる。


〈ステップ1〉「アミノ酸リッチシャンプー」

 インバスで使用する「アミノ酸リッチシャンプー」には、独自のアミノ酸系成分配合バランス「アミノ酸テクノロジー」が採用されており、ノンシリコーンでありながら、驚くほどなめらかな指通りと、しっとりとした仕上がりを実現。そのため、洗髪後のコンディショナーやトリートメントは必要ないのだという。
 アミノ酸系成分の高配合により、濃密でキメ細やかな密着性の高い泡を作り出している。汚れを優しく除去しながら、頭皮と髪に潤いを届ける。
 配合されている「油溶化アミノ酸」は、アミノ酸に、親油性を付与した成分。べたつきや油性感を感じさせることなく、毛髪になめらかさ、しっとり感を与える。髪のクセを抑え、まとまりを向上させる働きがあり、毛髪の流れを整えることでツヤ感の向上にも役立つという。傷んだ毛髪に吸着して切れにくくする作用も期待できる。
 キューティクルの凹凸を改善する低刺激性の尿素誘導体成分「吸着型尿素誘導体」も配合している。痛んで弱くなった毛髪を修復し、健康的な毛髪へよみがえらせる。ブラッシング等の外的応力から毛髪を守るという。
 毛髪表面上に吸着するため、洗髪後も潤いをキープできる。
 機能性オイル「アプリコットオイル誘導体」は洗髪ダメージを軽減する。なめらかな指通りや、柔らかさ、サラサラ感、速乾性にも優れた機能を発揮するという。
 シリコーン・エタノール・鉱物油・石油系界面活性剤・合成着色料は無添加。好みの成分を配合したオリジナルカスタマイズが可能だ。


〈ステップ2〉「ボタニカルヘアオイル」

 アウトバスで使用する「ボタニカルヘアオイル」は、100%天然由来の成分で構成されているにも関わらず、シリコーンに匹敵する軽さと指通りを実現。ドライヤーの熱に反応し、毛髪ダメージを修復するヒートリペア成分「γ―ドコサラクトン」や、毛髪保護成分「18MEA」を配合。アルガンオイルなどの天然オイルもぜいたくに配合しており、”サラツヤ”な美髪へと導く。
 「γ―ドコサラクトン」には、ドライヤーの熱によって毛髪と結合し優しくコーティングする作用がある。毛髪ダメージを補修し、指通りを改善する。ドライヤーの熱によるキューティクルのめくれあがりを修復し、健康な髪に導く。
 「18MEA」は、毛髪表面のキューティクルを覆う脂質成分。毛髪を保護するだけでなく、潤滑油のような働きを備えており、毛髪が摩擦を起こすことによってごわついたり、絡まったりするのを防ぐことができる。
 天然オイルとしては、「アルガンオイル」や「椿油」を配合。「アルガンオイル」は、モロッコの南西部のみ生育するアルガンの木の種子由来のオイル。優れた栄養成分を含有することから”生命の実”とも呼ばれている。
 一方「椿油」は、髪に美しいツヤを与える効果に優れており、ヘアケアオイルの代名詞として親しまれている。
 パラベン・フェノキシエタノール・合成界面活性剤・旧表示指定成分・鉱物油・エタノール・合成香料・合成着色料・合成ポリマー・シリコーンは無添加。希望の油系成分を配合したオリジナルカスタマイズが可能だ。
 なお、同社では、”髪のエイジングケア”に貢献するアイテムとして、薄毛が気になる人向けの育毛剤や、過度な洗浄による、頭皮・毛髪へのダメージに着目した、クリームタイプのシャンプーなども提案している。

サスティナブルお手入れインバス・アウトバスの2ステップヘアケアイメージ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ