【アパレル企業のOMO戦略】 大手がEC連動の大型店を次々展開

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 コロナ禍でファッションアイテムの消費意欲が下がり、ダメージを受けたアパレル業界だが、ECチャネルだけは活気付いている。大手アパレル企業のEC事業は、2桁成長が当たり前。リアル店舗でアクセルが踏みづらい環境の下、EC事業への経営資源の投下を続けている。そうした状況の中、多くのアパレル企業が、アフターコロナを見据えたOMO(オンラインとオフラインの融合)戦略を加速させている。ECと連動した大型店舗の開設や、販売スタッフのEC活用を積極化している。他の業界よりもOMO展開が早いアパレル業界の最新動向を追った。

(続きは、「日本流通産業新聞」8月19日号で)

■掲載記事
・〈インタビュー OMO成功の鍵を聞く〉ユナイテッドアローズ 執行役員 CDO DX推進センター担当本部長兼同デジタルマーケティング部部長 藤原義昭氏/物にサービスまで付加した体験が重要
・アダストリア/EC連動店舗を開設/OMOを具現化した旗艦店舗
・ジュン/OMO研究会を立ち上げ/「Shopify」基盤に仕組み構築

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ