【進むコールセンターの在宅化】 コロナ禍受け運用が高度化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 コロナ禍でコールセンター運用の在り方は大きく変容した。中でも際立つのは、オペレーション業務の在宅化だ。働き方改革の面で長らく検討されてきた分野だが、近年はそこにBCP(事業継続計画)の意味合いが加わり、業界内での導入も急ピッチで進んでいる。業界大手3社と、日本コールセンター協会(CCAJ)に、業務在宅化を中心とした直近の取り組みと展望を聞いた。

(続きは、「日本流通産業新聞」」4月29日・5月6日合併号で)

■掲載記事
・トランスコスモス/在宅業務の最適化進む/顧客応対の包括した支援も
・ベルシステム24ホールディングス/在宅化推進で人材強化/23年2月に4000席目指す
・りらいあコミュニケーションズ/パッケージ化を強化/多彩な在宅業務の形を提案
・〈インタビュー「コロナ禍のコールセンターの在り方」〉日本コールセンター協会(CCAJ) 下村芳弘会長/「指針」浸透に手応えインフラとしての価値創出へ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ