サンベール/ボディーローション発売/ダイエット需要に合わせ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ムコ多糖を原料にした健康食品や化粧品のネットワークビジネス(NB)を展開するサンベール(本社東京都、濱松治社長)は10月20日、ボディーローションの新製品を発売する。コロナ禍のダイエット需要に合わせて開発した製品だとしている。
 新発売するボディーローションには、ムコ多糖を配合。マテ茶エキスなどをブレンドした化粧品素材「ユニスリム」や、細胞膜成分のレシチンなども配合している。
 サンベールがこれまで展開してきた「ムコレアクレンジングジェル」が、会員からの評価が高かったことから、クレンジングジェルの成分をバージョンアップし、ボディー用として開発したという。開発期間としては約1年をかけたとしている。
 ホワイトムスクの香りを採用。ボディーローションを使ってマッサージすることで、保湿効果とダイエット効果が期待できるとしている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ