国税庁/消費税納税に法改正/インボイス制度の登録開始へ

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

登録は国税庁のHPから行う

 国税庁は10月1日、インボイス制度(登録を受けた事業者が適格請求書を発行できる制度)について、事業者の登録受け付けを開始する。23年10月1日以降は、登録を受けた事業者が発行する適格請求書がなければ、消費税の「仕入れ税額控除」を受けることができなくなる。BtoBの取引を行う事業者は、注意する必要がある。
 インボイス制度は、消費税の軽減税率と同じタイミングで導入された。
 23年10月以降、買い手の事業者は、適格請求書に記載された税率・税額を基に、消費税の納税を行うことになる。適格請求書に基づく取引でない場合、消費税の仕入れ税額控除を受けられない。仕入れ税額控除を受けるためには、適格請求書を保存し、適格請求書の発行者の登録番号を控えておく必要がある。
 適格請求書の発行事業者となるには、21年10月1日から、23年3月31日までに登録を行う必要がある。
 消費税の「仕入れ税額控除」は、売上金額における消費税額から、仕入れの際に支払った消費税額を差し引いて、申告・納税する制度。売上金額が1000万円を超える法人や個人事業主は、消費税の課税対象となる。仕入れ税額控除を受けることができる。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ