メルカリ/フルリモートワーク導入/多様な働き方の創出を目指す

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 メルカリは9月1日、コロナ禍の社会情勢を反映した新たな勤務制度に移行したと発表した。フルリモートワーク勤務など、「新しい生活様式」に則した多様な働き方を採用する。オフィス出社とリモートワーク双方の利点を生かし、生産性の向上を図る。
 多様な働き方を尊重した、新しいワークスタイルとして、「メルカリ・ニューノーマル・ワークスタイル ”YOUR CHOICE”」を導入した。
 対象は、メルカリの国内オフィスに勤務する全社員。新制度では社員一人一人が、オフィス出社や、出社を前提としないフルリモートワークといった勤務体系を選択できる。
 メルカリは20年初頭の新型コロナウイルス感染拡大を受け、同2月19日に在宅勤務を導入した。
 同7月には、コロナ下での感染対策と生産性最大化に向けた新しい勤務体系の確立を目指し、「メルカリ・ニューノーマル・ワークスタイル」の試験運用を実施していた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ