ヤング・リビング・ジャパン・インク/8月にCBD美容液を投入へ/食品に変更したCBDオイルも発売に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

イベントの冒頭であいさつする中川支社長

 エッセンシャルオイルをネットワークビジネス(NB)で販売するヤング・リビング・ジャパン・インク(本社東京都、中川利光支社長)は、6月25日に開催した会員向けの配信イベント「YLJユナイツ」で、大麻草由来の成分カンナビジオール(CBD)を配合した美容液「CBDビューティーブースト」を8月に正式投入すると発表した。
 イベントの冒頭、中川支社長は、「日頃のビジネス活動を通してヤング・リビングの価値を伝えてくれている会員に感謝したい」と述べた。
 正式発売を決めた「CBDビューティーブースト」には、保湿成分のタヌマオイルとグレープシードオイルに、ローズのエッセンシャルオイルを加えている。CBDの配合量は600ミリグラム。乾燥しがちで、潤いやハリがない、肌の調子が気なる会員に向けた製品だという。

(続きは、「日本流通産業新聞」7月1日号で)

食品に変更するCBDオイル

CBDを600ミリグラム配合した美容液

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ