全国直販流通協会/EQ教育について講演/リフォーム協議会を開催

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

講師として話すメッドコミュニケーションズの江中健一副社長

 (一社)全国直販流通協会(以下直販協、事務局東京都、亀岡一郎理事長)は6月15日、リフォーム関連の会員社で構成するリフォーム協議会をオンラインで行った。
 協議会では、メッドコミュニケーションズ(本社東京都)の江中健一副社長を講師として招き「EQ教育で売り上げと定着率を上げる」をテーマに講演した。
 江中副社長は、戦略・戦術・戦力の三位一体となる体制や取り組みが必要だと強調した。「戦略を立てる社長は、営業マンや会社組織を理解した上で考える必要がある」(江中副社長)とし、それぞれの分野における偏りや誤った考えが、従業員や顧客の満足度低下を招く原因になるとしている。そして、メッドコミュニケーションズが実施している事例の一部を公開し協議会メンバー共有した。
 講演に続いて、協会から直販協に寄せられた住設関連の相談件数を発表。コロナ禍で3割程度相談が減少したものの、相談内容には変化がみられず、解約関連が6割を占め、解約の中でも8割がクーリング・オフの申し出だったという。また、直販協に加盟している住設企業から、(公団)住宅リフォーム・紛争処理センター(所在地東京都)が実施している「住まいるダイヤル」からの問い合わせが増えていることについても触れ、各社で情報を共有するなどした。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ