サニックス/30年長期ビジョン公表/白蟻駆除部門の人員を1150人に増員

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 サニックスはこのほど、2030年に向けた長期ビジョンを公表した。白蟻駆除を訪問販売するHS事業部門の人員を、現在の676人から1150人にまで拡大させる計画だ。
 HS事業を含めた住環境領域の長期ビジョンは「快適な住環境を次世代につなぐ」ことを軸に考案。人員の増加やエリア拡大、営業手法の多様化、顧客サービスの拡充などを組み合わせて展開する予定だ。2030年度には売上高310億円、営業利益は50億円を目標としている。
 営業エリアの拡大では、西日本を含めて東日本地域への新規出店を進める。現在48店舗ある拠点を100店舗にまで拡大。提携する法人や団体、ネット活用による営業活動の効率化など、営業手法の多様化を推進する。
 建物の状態を定期確認するビジネスモデルの強みを生かし、ライフサイクルや状態に合わせてトータル提案できる体制の構築を目指す。構築には、自社の経営資源だけでなく、M&Aや業務提携の手法も活用していくという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ