ワタミ/児童・生徒向けに弁当を宅配/小中高、学習塾に販路拡大

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

小中高や学習塾、学童保育施設に販路を広げる

 高齢者向け宅配事業「ワタミの宅食」を展開するワタミは、小中高や学習塾、学童保育施設に販路を広げる。7月13日には、学校法人郁文館夢学園(所在地東京都)の中高生に向けて、主力商品である「まごころおかず」「まごころ御膳」の販売を始めた。
 ワタミは、新型コロナによる臨時休校を受け、3月から5月にかけて、子育て層の家庭に対し、弁当・総菜を無料で届ける「臨時休校支援」や、1食あたり税込390円で販売する「子育て家族割」を実施。アンケート調査で、量や味ともに「満足」という声が多数だったため、生徒の食事に販路を広げることを決めた。
 販路開拓は法人営業部が担う。まずは、ワタミ創業者で、会長兼グループCEOの渡邉美樹氏が理事長を務める「郁文館夢学園」に導入し、順次広げたい考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ