2020年EC市場展望

STARP 

代表取締役CEO 渡邊裕馬 氏 継続企業が花開く1年

 システム開発のSTARP(スタープ、本社東京都)は、ライブコマースシステム「Live kit(ライブキット)」を提供している。ソフマップなどEC事業者25社に導入実績がある。渡邊裕馬社長は19年のライブコマース市場について「継続実施してきた企業が花開く1年になる」と話す。


 19年は、ライブコマースを半年から1年間継続的に実施してきた企業が成功事例を作る年になる。ユーザー側に、ライブ配信動画を見る文化が形成されたのが、18年だった。ただ、ライブコマースに関しては、興味はあっても購入したことがないというユーザーがほとんど。
 その状況下で、成功事例を作れるのは継続実施によりライブコマースにおけるKPI(重要業績評価)を設定できている企業。1年実施すれば、自社にとって何がKPIになるかが見えてくる。
 ライブコマースを始めたものの、すでに実施していない企業は、配信回数が不足している。そのため、PDCAを回すソースを持っていない。まずは週1回の配信を3カ月程度継続する必要がある。
 スタープは、「ライブキット」を活用するためのスマホアプリを開発している。よりライブコマースを手軽に、継続的に実施するためだ。実店舗のショップ店員が配信するケースを想定している。
 販売商品はあるが配信者がいない、あるいは配信者はいるが商品がないというケースが課題となる。実店舗を持つ事業者はそうした課題を抱えにくいため、19年においてライブコマースの活用が進むのではないかと考えている。


2020年EC市場展望
List

モール対策


アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

more


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


増税の影響


いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ