2020年EC市場展望

マーケティング

さくら 

代表 仲庭拓也 氏 生き残るための4つの提案

 ECコンサルティングを手掛けるさくら(本社大阪府)の仲庭拓也代表は、ECモールの有力店を多数支援してきた実績がある。EC売り上げの拡大策だけではなく、社員教育や新規事業開発、コストダウンなどに精通する仲庭代表は、競争が激しいECモールにおいて生き残るための四つの提案を紹介する。


 厳しい競争時代を生き残るためにはどうしたらよいか。企業が生き残るために検討したい四つの提案を行いたい。
 一つ目はお客さまやモールに合わせた「売り場作り」。ECモールはそれぞれ売り方が異なっており、例えばゾゾタウンは商品画像、クーポンやセールに加えて、ウエアリスタを上手に使うとよい。楽天はRPP広告やクーポンアドバンスの運営とページの作り込みなどが重要だ。モールごとに責任者を定め、定期的に振り返りながら運営すべきだろう。
 二つ目の鍵は、「ブランディング」だ。近年はお客さまが商品ベースではなく、店舗(ブランド)を選んで商品を購入する傾向が強くなっている。商品やモデル撮影による見せ方、商品ラインアップ(商品提案)でブランディングを行い、違いを出せている店が、着実に売り上げを伸ばしている。
 三つ目は、スペシャリティーになり得る「商品開発」だ。新規購入者を招き入れる入り口商材(店舗の顔になるような商品=スペシャリティーになり得る商品)の開発を行う。
 次回購入につながるリピート商材(季節ごとに複数購入したくなる商品)も合わせて開発することがマストだ。
 四つ目は社員とともに会社が成長する「仕組化」だ。EC業界は人材不足であり、人材が売り上げ向上のネックになっている会社は多い。EC業界は歴史が浅く、社内体制が整っていないところがほとんどであり、社内規定や教育制度を整えることが重要だ。


2020年EC市場展望
List

モール対策


アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

more


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


増税の影響


いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ