2020年EC市場展望

増税の影響

いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

 多くのネットショップのコンサルティングなどを手掛けるいろは(本社千葉県)の竹内謙礼社長は、「2020年は、キャッシュレスポイント還元事業が終わる6月末と、政府が推進する『マイナポイント』が開始される9月が、大きな消費のタイミングになる」と話す。竹内氏に消費増税の影響と20年の対策について聞いた。

 19年10月の消費増税によって買い控えが起きた企業もあれば、起きなかった企業もあった。私の印象では、広告を投資して売り上げを立てるようなビジネスを続けている企業で、買い控えが起きたようだ。逆に、商品やブランドを確立し、リピート顧客をしっかりとつかんでいるところは、増税の影響を受けなかったように見える。
 それでも、全体的には消費が減退している。それも、2~3月の新生活需要時期から徐々に回復するのではないか。
 現在、登録した中小企業の実店舗やネットショップでキャッシュレス決済で買い物をすると買い物金額の5%が還元される「キャッシュレス消費者還元事業」が実施されており、20年6月末まで続く。この「キャッシュレス事業」が終了するタイミングで、駆け込み需要が発生すると考えている。ECモールも、6月に大規模なセールイベントを行う可能性がある。
 7月から8月にかけて、消費の減退は顕著に表れるのではないか。「キャッシュレス駆け込み」の反動と、オリンピックの開催が理由だ。オリンピック開催中は、消費が停滞し、売り上げが減少する可能性がある。お盆前後からまた徐々に回復するだろう。
 「マイナポイント」は、マイナンバーカードを持っている人が、特定のQRコード決済に2万円をチャージすると、国から5000ポイントが付与されるという制度だ。20年9月からの開始が予定されている。
 ポイント還元を受けるのに必要な「マイキーID」の設定が非常に難解であるなどの問題点はまだあるが、解消されるのは時間の問題だ。
 国から5000円をもらえて自由に使えるとしたら、9月以降、例えば「ペイペイモール」などでの消費が大幅に増すのではないか。
 「マイナポイント」による需要はおそらく、年末の「ブラックフライデーセール」や、アマゾンの「サイバーマンデーセール」まで続く。例年よりも、セールで忙しい一年になる可能性が高い。


2020年EC市場展望
List

モール対策


アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

more


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ