ヤフー/EC取扱高トップへ/川邊次期社長が新体制で抱負

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ヤフーは4月27日、新体制で臨む今年度以降の取り組みを説明した。インターネット上のサービス間の連携を強めて、全社的に成長させる方針をあらためて表明。そのうち、「eコマース(物販)取扱高」「インターネット広告売上収益」「モバイルペイメント取扱高」の3領域で、それぞれナンバーワンを目指すと発表した。6月に社長就任が決まっている川邊健太郎副社長執行役員CEOが明らかにした。
 「eコマース」の取扱高は、「オークション関連」「ショッピング事業」「アスクルBtoB事業」の各分野で定義。3分野の合算を取扱高で開示する。18年3月期における3分野合算の取扱高は約1兆8000億円。川邊副社長は「これを成長させていき、国内ナンバーワンをなるべく早期に実現したい」との抱負を明らかにした。
 そのためには、「ヤフーショッピング」など、マーケットプレイスのさらなる質の向上が必要と説明。国内最大の品ぞろえを図るとともに、データドリブンを効かせてUI/UXを常に改善させていく。
 さらに、モバイルクレジットやオフライン事業者との連携を図り、「物販のeコマース化を最大化していきたい」(川邊副社長)と語った。
 「モバイルペイメント取扱高」でナンバーワンを狙う背景には、「ヤフーウォレット」の口座数拡大があると説明する。18年3月末時点の「ヤフーウォレット」口座数は、前年度比9.1%増の3987万口座となっている。
 「ヤフーウォレット」について川邊副社長は「4000万人近い方に使っていただいている、オンライン上の強固な決済手段となっている。この決済手段を持ってオフライン決済に進出し、ナンバーワンのモバイルペイメントにしていきたい」との方針を表明した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ