スタートトゥデイ/3年で取扱高7150億円/新中計を発表、PBが成長の鍵

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 スタートトゥデイの18年3月期における商品取扱高は、前期比27.6%増の2705億4300万円だった。中計では21年3月期に商品取扱高を2.6倍の7150億円にまで拡大するという。
 前澤友作社長は「中計を達成するためにはPBが必要不可欠だ」と解説する。
 主力のゾゾタウン事業に加えて、PB商品「ZOZO(ゾゾ)」をもう一つの柱に成長させ、商品取扱高の拡大スピードを加速させたい考えだ。


■新スーツで巻き返し

 PB商品は全身計測用のスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を活用することで、購入者の体にジャストフィットする点が特徴。昨年11月に「ゾゾスーツ」の予約受け付けを開始すると、現在までに100万件以上の注文が入ったという。
 ただ、センサーを内蔵した「ゾゾスーツ」の生産体制を整備できず、大半の注文者にスーツを届けられない事態に陥っていた。
 この事態を解消するため、スタートトゥデイは「新ゾゾスーツ」を開発。センサーを内蔵している初期モデルとは異なり、マーカー(ドット)をプリントしたスーツを着用し、スマホで全身を撮影することでサイズの計測が可能になる。
 「すでに本日(4月27日)、約4000枚の『新ゾゾスーツ』を発送した」(前澤社長)と言う。
 「新ゾゾスーツ」は大量生産が比較的容易なため、100万件超の注文者には夏までに配送を完了する予定。さらに19年3月期中に600万〜1000万枚を無料で配布する計画だという。


■計測者の半分が購入

 「新ゾゾスーツ」の19年3月期の売り上げ目標は200億円だ。この計画は「旧ゾゾスーツ」を配布したユーザーの購買データから算出している。


(続きは、「日本ネット経済新聞」5月10日号で)

スマホアプリで全身を撮影し、サイズを計測できる「新ゾゾスーツ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ