トライステージ/LTV向上まで支援/新中計策定、データを活用

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ダイレクトマーケティング支援事業を手掛けるトライステージは3月30日、19年3月からスタートした3カ年の中期経営計画(中計)を明らかにした。顧客データや広告情報データを分析して、さまざまなマーケティング施策に落とし込む「ダイレクトデータマーケティング(DDM)」を志向。通販事業者の新規顧客獲得だけでなく、顧客生涯価値(LTV)向上を含めた領域まで総合的にダイレクトマーケティングを支援する。中計最終年度となる連結売上高は600億円、営業利益率4.5%を目標とする。
 トライステージが持つ営業力、メディアの総量、コールセンターに、顧客の買い物情報であるカスタマーデータを加えて分析。マーケティングオートメーション(MA)ツールを使ってマーケティング施策に落とし、継続的にLTVを高める。
 「今までは新規のお客さまを獲得するのがトライステージといわれてきたが、そのお客さまのすべてにおいて関わっていこうというのが、これからのわれわれの生きる道だ」(妹尾勲取締役社長執行役員)と説明。
 複数のクライアントからスタートして成功事例を作り、すべてのクライアントに広げていく。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ