スタートトゥデイ/子会社3社を合併/データ活用、技術革新を加速

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 スタートトゥデイは4月2日、子会社の合併を発表した。4月1日付でシステム開発を行うスタートトゥデイ工務店に、ファッションアプリ開発のVASILY(ヴァシリー)とシステム開発のカラクルを吸収合併した。技術力を集約し、ビッグデータのさらなる活用や技術革新を加速するのが狙い。
 存続会社の社名は「株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ」。ファッションECやファッションメディアなどの開発業務に加え、テクノロジーを駆使した新規事業開発を行う。
 旧スタートトゥデイ工務店の久保田竜弥社長は、新体制でも代表取締役社長として「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」の開発やプライベートブランド販売サイトの事業を担当する。
 旧ヴァシリーの金山裕樹社長は、新体制で代表取締役CIOに就任。ファッションメディア「WEAR(ウェア)」「IQON(アイコン)」の運営や新規事業の開発などを担当する。旧カラクルの大久保貴之社長は執行役員として研究所福岡拠点のリーダーを務める。
 新体制発足と同時に、人材募集を強化する。年収1000万〜1億円の「天才」を最大7人、年収400万〜1000万円の「逸材」を最大50人採用する。研究者やエンジニアの採用を推進し、グループの技術力の向上を目指す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ